スタッフのちょこっと情報

休日の星空案内--新たな国民の祝日 「山の日」の楽しみ

2016年08月03日

今年のカレンダーをみて、8月11日が赤字になっているのをご存知ですか? あたらしい国民の休日--山の日--です。山の日は、"山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する" とのことです。8月の祝日は、夏休み中の子ども達よりも、夏バテ気味の大人にチョットうれしいかも。

 山の日の過ごし方として、星のソムリエ準案内人R の院長からの提案。この時期は、ペルセウス座流星群の観測がお勧めです。ペルセウス座流星群は夏の風物詩、毎年豊富な出現を見せ夏休みの一大イベントとして定着しています。今年は月が夜半に沈み比較的好条件です。月が沈んでいれば天気と流れ星のご機嫌次第でたくさんの流れ星がみられるかも。

☆流星観測のポイント

 流れ星はほんの一瞬。現実には星に願いをかけることも難しいです。『あ!流れ星』と言われて 『え!どこどこ』とその方向をみても後の祭り。流れ星は、放射点からあらゆる方向に流れます。この放射点のある星座が名前の由来です。流れ星をみるには一点を見つめるのでなく、横になって放射点を中心に何となく全天を見上げていると見られる機会も多くなります。街明かりの少ない場所なら最高の条件ですが、都会でも十分にみられます。光が気になれば、光のくる方向を何かで遮蔽(手でも大丈夫)することで、一気に見える星も増えます。

「山の日」が、夏の夜空を見上げる「流れ星の日」になればもっとロマンチックかも? 夏の天体観測、くれぐれも夏冷え対策と虫除けをお忘れなく。

オーロラと天の川を流れる流星 撮影 院長